東京・埼玉を代表する中央整骨院・鍼灸院グループ

 ヘルニア坐骨神経痛痛みしびれ治療自 信があります!!

                                    練馬区光が丘・埼玉県三郷市・桶川市・新座市・郡山市に多数展開

坐骨神経痛

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 整形外科で骨の変形による坐骨神経痛と診断された
  • お尻からふくらはぎの外側にかけてしびれるような痛みがある。
  • 腰を伸ばすと、お尻から脚にかけてしびれがある。
  • デスクワークをしているとお尻から膝にかけてだるさやしびれがある。
  • 腰がだるくお尻の横をたたくと気持ちが良い。

坐骨神経痛とは

坐骨神経とは、腰椎から脚にかけて走る神経でお尻の筋肉の間から表面に現れ、太ももの後ろを通りふくらはぎの外側に至る神経です。坐骨神経痛とは、この神経に沿って痛みやしびれが特徴てきな症状ですが、正式な病名ではなく痛みやしびれを主体とした症候を総称して『坐骨神経痛』と呼んでいます。

この坐骨神経痛には、酔うような原因があると考えられています。腰椎の変形からくる神経の圧迫、神経の出口であるお尻の筋肉での圧迫などがよく言われる坐骨神経痛の原因です。

しかし。そのいずれも神経の圧迫が痛みの原因という古い考えに寄ったもので坐骨神経痛の根本的な原因を言い当てているとは言えず、その神経圧迫理論に沿った治療(骨盤矯正や単なるマッサージ、牽引、手術)は、治療効果を発揮していません。

坐骨神経痛の本当の原因

では、いわゆる坐骨神経痛の本当の原因はいったいなんなんでしょうか?坐骨神経痛、それは坐骨神経に沿った筋肉・筋膜のこわばりや短縮が原因と言われています。

事実、神経の圧迫は痛みを生じさせないということが最新の痛みの生理学によって明らかになっていますし、神経自体の生理機能から考えても神経圧迫による痛みは矛盾が多く医学会でも否定されています。

そこで、筋肉のこわばりや短縮が原因となっているのですがそもそもの症候名が『坐骨神経痛』となっているため神経そのものが悪さをしている先入観が今でも残っているようです。

坐骨神経痛を引き起こす筋肉とは

の坐骨神経痛を引き起こす筋肉とはどの筋肉でしょうか。原因となる筋肉は実は一つではありません。

代表的なものとしては、中臀筋、小殿筋といったお尻(股関節)の外側の深いところにある筋肉や太ももの裏の筋肉(ハムストリングス)などが主な原因となっている筋肉です。

これらの筋肉は動きが少なく意識して引き伸ばしたり(ストレッチ)、運動をしないと筋肉の運動によるポンプ作用があまり動かず血流が滞りがちになります。太もも裏の筋肉はデスクワークなどで圧迫されていることが多く十分な血流が行き渡らないと痛みやだるさを起こします。

以下のページもご覧ください

施術のご案内について

当院の施術についてご説明します。お体に関するお悩みは何でもご相談ください。

アクセスについて

当院へのアクセスや概要についてご紹介しています。来院前の参考になさってください。